加齢によってできる顔のたるみ|リフトアップで解消しよう

婦人

フェイスラインすっきり

顔のたるみ予防にはスキンケアは欠かせません。またたるんでしまった場合は美容皮膚科やリフトアップマッサージをしてくれるサロンなどに行くと即効性があるので、同窓会など何としてもリフトアップさせたい日がある場合にはとてもおすすめな方法です。

たるんだ肌を上向きに

医者

顔のたるみはクリニックでのリフトアップメニューや自宅でのエイジングケアで念入りにケアをしていきましょう。継続してケアを行う事でリフトアップ効果が安定するので、たるみが気になる方は継続を心がけるのがおすすめです。

リンパマッサージも効果的

ウーマン

顔がたるんでくると、ほうれい線が目立ってきたり、口角が下がる原因になるので、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。リフトアップ効果の高い基礎化粧品を使用したり、家庭用美顔器を使ってお手入れをすると、たるみを予防できます。

いつまでも若さを保つ

女性

切る方法と切らない方法

顔のたるみをリフトアップする施術方法は、大きく分けて5つあります。一つ目は、こめかみや額を切開し、縫い合わせるフェイスリフトです。髪の毛で隠れる部分を切開するので傷口があまり目立たず、半永久的な効果があります。ただ、切開するため大掛かりな施術となります。二つ目は、糸でたるんだ部分を引き上げるリフトアップ施術です。フェザーリフトやスレッドリフトと呼ばれる施術で、傷口が小さく目立たないのがメリットです。しかし、効果の持続は2年から3年で、顔のたるみに劇的な変化は見られません。三つ目は、糸でたるみを引き締めるリフトアップです。細い糸を皮膚の中に埋め込み、刺激によって皮膚のたるみを引き締める施術です。人工的に引き上げるのではなく、コラーゲンの生成を促し自らの肌の力で改善するのがメリットです。四つ目は、レーザーや高周波を照射する施術です。スキンケアの一環として行えるほど、肌への負担が少なく、徐々に効果上があらわれます。1か月に4回から5回照射するのがスタンダードです。五つ目は、ヒアルロン酸やボトックスを注入する方法です。ほんの数分で完了するほど簡単な施術ですが、効果は半年から1年しか持続しません。注射なので傷跡は全く残らず、手軽にできる施術なのが利点です。このように、それぞれの顔のリフトアップ施術には、メリットがある反面、デメリットも存在します。自分に合ったリフトアップ方法を選び、いつまでも若々しい顔を保つことができれば素敵です。